« ウェアラブルコンピュータ | トップページ | コピーに負けている店 »

2006/01/28

味の変わったお酒

勉強になりました。実は、年末に買っていた第一酒造さんの開華の大晦日しぼり、ちょっと呑めないで居ました。体調不良や目が異常に充血したりしたことで、お酒を1週ほど呑めなかったためです。

昨日、封を開けて呑んでみると!大変なことになってました。

「苦い!」「変なにおいがする」というのが第一印象。正月に呑んだ時には、ほどよい香りと甘みが気持ちよく、正月のおせち料理をおいしくするような感じがしたのですがねぇ。違う飲み物になってました。

冷蔵庫にきちんと入れて置いたのですが、ものが変わったのかもしれません。これは呑み続けられないということで、同じ第一酒造さんの開華 山廃 純米吟醸 ひやおろしも開けてしまいました。

こっちは安心。おいしく呑めました。妻が「水みたい」というとおり、すっきりの味わいでした。臭みもなく、とてもよい感じ。昨日は餃子だったのですが、餃子よりは白身の魚とか、かにとかに合いそうでした。

« ウェアラブルコンピュータ | トップページ | コピーに負けている店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

苦みは体調によって感じ方が大きく違うような気がします。
私も、風邪で体調が悪い時に飲んだら、
苦みをかなり強く感じたことがありました。
まあ、体調のせいでないとしても、
だから新酒っておもしろいという感じもします。

## みみずさん いつも勉強させてもらってます。この間の苦味は体調のせいではないと思います。体調万全の時にしか呑みませんので(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/8375324

この記事へのトラックバック一覧です: 味の変わったお酒:

« ウェアラブルコンピュータ | トップページ | コピーに負けている店 »

最近のトラックバック