« フォークソノミーとネットワーク | トップページ | 郵便局の嘱託職員の話 »

2005/12/30

Sunの新しいプロセッサ

Sun Microsystemsが出した新しいプロセッサはどうだろうか。まあ、個人が使えるものではなさそうなので、外野から見た感じであるが、32のスレッドが同時に動くというのはなかなかすごい。まあ、8つのコアが入っていて、それぞれ4つずつのスレッドを動かすために、32個ということになっているらしい。

周波数は1GHzだから、僕の目の前にあるPentiumよりも低速なわけだが、スレッドが8倍あるんだから、それなりのスピードは出ることになる。日経コンピュータの記事によれば、Sunのマーケティング担当副社長は

3.6GHzのXeon2個搭載のデル製サーバの2.1倍速い

とおっしゃっているそうである。もちろん、条件等が書いていないからこれを鵜呑みにはできないが、論理的には確かに速そうである。また消費電力も低いとのこと。こちらは、まあ、絶対値だから信頼できるのだろう。

ところで、CPUの世界では普通の言葉であるアソシアティブが気になって、もう一度復習してしまった(^^;  ここが詳しい。助かりました。

« フォークソノミーとネットワーク | トップページ | 郵便局の嘱託職員の話 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/7905937

この記事へのトラックバック一覧です: Sunの新しいプロセッサ:

« フォークソノミーとネットワーク | トップページ | 郵便局の嘱託職員の話 »

最近のトラックバック