« Sunの新しいプロセッサ | トップページ | 早速始動します »

2005/12/31

郵便局の嘱託職員の話

日経の大晦日版の最終面に、離島で郵便局の嘱託職員をしている人の話が載っていた。郵便局の配達網はこうした人々に支えられているのだとまさに感じさせる内容であった。ぜひ、読んでみて欲しい。

で、郵政民営化について議論するつもりはあまりない。それが郵政民営化についての議論の種になることはわかっているが、これが全てでもない。ただ、こうした離島の配達をする人々には頭が下がる想いである。

そうした想いを郵政の中心部の人々、つまり郵政に携わる関連議員や総務省の役人たち、下らん関連団体に無駄な融資を出している郵便関連の人々にきちんと考えてもらいたい。無駄なことをする人々がいる一方、離島の郵便局員のような人もいるのだということを。

誰を守る民営化で、誰を排除する民営かなのか。排除される人々は排除されるに足る理由が無かったのか。自分にとうて欲しいと思ったりする。

« Sunの新しいプロセッサ | トップページ | 早速始動します »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

『山の郵便配達』という中国映画を思い出しました。これ、かなりイイです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=162562

 …あれ? あんまり関係なかったかな。(爆)

## ユージさん いつもコメント感謝です。今度、Gyaoで取り上げられたら、見てみます(爆)

こんにちは。今いる実家では日経を取っていないので分からないのですが、世の中、地道に最先端で(通常は「末端」と言うのでしょうが、あえて「最先端」と言いたいです)頑張っている人もいるのですよね。
郵便局に限りませんが、現場を知らないことに、中央の人間はもっと恐怖を感じて欲しいと思います。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
 
私も末端に属する身、
中央の連中は何も分かってない!
と不平を言うよりも、
進んで灯りを点けましょう!
って感じで今年は行きたいですね。
(多分、無理!!)

## mikiさん 全くその通りです。でも彼らは恐怖を感じてないでしょうね。

##みみずさん ありがとうございます。進んで灯りをつけるか。全くです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/7916193

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局の嘱託職員の話:

« Sunの新しいプロセッサ | トップページ | 早速始動します »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ