« 銀盤 米の芯 | トップページ | 篠崎屋さん、それで良いのですか? »

2005/11/20

お酒の情報

2日連続でお酒の話。少し貯めていた記事について、いくつか紹介してコメントしたいと思う。

富士山麓

ウィスキーです。普段私は全く飲みません。が、キリンビールが出したこの富士山麓というウィスキー、どうでしょうか。600mlで1200円ですから、かなりお手ごろ。結構売れているようです。ただ、全体としてはウィスキーは頭打ちといわれます。ワイン、発泡酒、焼酎と来た次は、日本酒に期待を寄せている私としては、ウィスキーは別の意味でライバルなのかも。

菊水の新酒

呑んでもいないのに、コメントは書けないのですが、新酒ってどういうものなんだろうかとちょっと考えたもんですから、記事を見てね。新米だけを使って、加熱殺菌、水の追加などをしていないんだそうです。4合瓶で1200円。

ちなみに、今朝の新聞広告で、眞澄の吟醸あらばしりという新酒しぼりたても出てました。しかし、この眞澄の宮坂醸造さんのウェブサイトはわかりにくい。消費者(特に初心者)にはわかりません。改善した方が良いと思いますね。まあ、玄人のみに呑んで欲しいということであれば、それはそれでまた違うのかもしれません。

清泉(きよいずみ)

夏子の酒のモデルになった久須美酒造。しかし!ウェブサイトが見つからない。。。寂しい。Googleの検索でみたんだけど、出てこない。。。小売店ばかりである。まあ、それはおいておいて、新潟の地震で損傷した設備から回復し、復興の旗印としてラベルを新しくしたそうです。これもそのうちの呑まなければならない酒なんでしょう。

一ノ蔵の果実酒

ホームページには新聞に載っていた果実酒が見つからなかったけど、そのベースになっている米米酒というんはあった。しかし、フラッシュバリバリだな。一ノ蔵さんあたりだともうブランドが出来上がっているから、SEOなんかしなくても十分これでOKなんだろうなぁ。でもこれを他の小さな蔵がまねしたら困る。ちなみに、お酒の方はりんご、桃、ブルーべリー、ゆずなどを使った果実酒だそう。高島屋で売っているらしい。日本酒の需要が1割低下したと見ているそうで、てこ入れ策のひとつなんだろうな。

« 銀盤 米の芯 | トップページ | 篠崎屋さん、それで良いのですか? »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

新酒=生原酒とは限りませんけどね。
それにしても、真澄の吟醸あらばしり、もう出たんですか。
例年よりずいぶん早いですね~。
これは早速手に入れなければ・・・・・・・

## みみずさん なんと、みみずさんに情報が提供できたとは! 例年はもっと遅いんですか? 僕も新聞広告をみただけですがね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/7224640

この記事へのトラックバック一覧です: お酒の情報:

« 銀盤 米の芯 | トップページ | 篠崎屋さん、それで良いのですか? »

最近のトラックバック