« DB2無料化? | トップページ | SunMicrosystemsがPostgreSQLサポート »

2005/11/23

栃木の酒

2005_11_23_sake今回は栃木の酒を飲んでみました。ひとつは「東力士」で、もうひとつは「餃子三昧」。餃子の方は既に書いたので、今日は東力士の方です。

はじめて缶に入ったお酒を呑みましたが、別にアルミのにおいがするわけでもなく問題ないですね。本醸造の生酒だったのですが、19~20度とちょっと度数が高い。そのせいか、くぅっと来ました。のどを通って、胃にいたるまで通っていくのがなんとなくわかる感じでした。

実際には、度数を見る前にくいっと飲んで、「あ、これは強いな」と思い、度数を確認したと言う次第。先日の餃子三昧の残りとこの東力士の1合を飲んだら結構酔っ払ってしまいました(^^; 情けないですが。

残念ですが、私にはこの生酒はだめそうです。まだまだ初心者で、これはいけない感じでした。

« DB2無料化? | トップページ | SunMicrosystemsがPostgreSQLサポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

東力士ですか・・・・・・・
蔵限定出荷という5年ものの古酒を購入したら(ネットで)、
実際には生古酒で、酷い目にあって以来飲んでいません。
相変わらず、今の時期に去年のしぼりたてを売ったりしているのですね。

そっか。去年のだったのかも。。。よく見てなかった(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/7284072

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木の酒:

» 東力士(清酒)はどうくつ長期熟成! [読むと役立つ日記]
【清酒】東力士平成10年度産本醸造原酒1800ml<<<画像をクリックするとショップへ【清酒】東力士 平成10年度産 本醸造 原酒1800mlの製造元の株式会社島崎酒造の最大の特徴はどうくつ熟成と言われる地下低温貯蔵庫による天然貯蔵でしょう欧米のワインでは地下低温貯蔵...... [続きを読む]

« DB2無料化? | トップページ | SunMicrosystemsがPostgreSQLサポート »

最近のトラックバック