« 利益処分案の代わり | トップページ | XOOPSは不利か »

2005/11/27

それは誰の子供か

実家に頼りながらの仕事継続を読んでの感想。

女性が社会で自律して働くことや男性が家事を負担することなどについて、議論するつもりはないです。でも、子供を持ったのならば、自分の人生の一部をきちんと子供に与えなければならないと僕は思います。

子供のための家事や幼稚園などの送り迎えとか、そういったことは親のどちらかがやらなければならないと僕は思います。もしそれができない、やりたくないのなら、子供を持ってはいけないのではないかとさえ思います。

「仕事を続けたいから、子供の面倒はおばあちゃんに見てもらう」というのは、いかなる理由があろうとも、子供には関係ないのではないでしょうか。もちろん、経済的な理由で両親が共働きをしなければならない状況というのはあるでしょう。それは、子供自体が育たない環境になってしまいますから、それはやむをえないでしょう。一概に、どれがよくてどれが悪いというのは言えないのでしょうが、少なくとも親の都合だけで子供に不自由を与えるというのはよくないのではないかと思ったりします。

僕の家は僕が小学生の高学年くらいになってから、おふくろがパートに出ました。経済的な理由だったんだろうと思います。既に親離れが始まる年代ですから、そう負担にはならなかったと思います。むしろ、経済的な理由で働いている母親を見て、これはこの先、いい加減なことはできないぞと思っていました。

僕個人としては、やはり子供は親と一緒にいるのが良いと思うのです。おばあちゃんやおじいちゃんではなく。きっと、子供をおばあちゃんなどに任せている人というのはこの世の中にたくさんいると思うのですが、もう一度、よく考えて欲しいなとか思います。僕も考えてみよう。

« 利益処分案の代わり | トップページ | XOOPSは不利か »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。記事を読んでいただき、ありがとうございます。

>少なくとも親の都合だけで子供に不自由を与えるというのはよくないのではないかと思ったりします。

その通りだと思います。
世の中、少子化と言われますが、「産みっぱなし」になってしまうことの方が怖いような気がします。

お母様がパートに出られたお話、我が家も似たような状況だったのですが、「お金を稼ぐって大変なことなんだな」と思った記憶があります。子供には、こういう金銭感覚の教育もしっかりとしていきたいですね。情報があふれるなか、簡単なことではなさそうですが。

## mikiさん コメント感謝です。またトラックバックもありがとうございました。

お金を稼ぐってことが大変だというのが本当の意味でわかってきたのは最近のような気もします(爆)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/7343549

この記事へのトラックバック一覧です: それは誰の子供か:

» 実家に頼りながらの仕事継続 [働く人々~シブトクつよく明るくいきましょ]
私の従姉の義母(私からすればかなり遠い存在だが)が倒れて入院した。幸い、すぐ回復して退院したそうだが、その理由やら背景を聞いてびっくりした。自分の娘・孫の面倒を見続けて、体調を崩したのだと言う。 義母の娘(つまり従姉から見れば小姑)は、いわゆる「バリバリ働く女性」。 出産後、職場復帰にあたり、自分の親と同居し、家事・育児を全面的に手伝ってもらうことになったと言う。子供の保育園の送り迎えから遊び相手、食事や掃除洗濯などの家事一切を、70歳を過ぎたおばあちゃんにお願いしていたとのこと。いや、我が... [続きを読む]

« 利益処分案の代わり | トップページ | XOOPSは不利か »

最近のトラックバック