« せっかく64なのに | トップページ | 戦略の転換リスク »

2005/10/28

踏み切り、開けてくれよ

うちのそばのJRの踏み切り、開かずとは言わないけど、なかなか開かない。それも電車が来ないのに開かない。小田急とかはできるだけ踏切が空く時間を長くしながら、安全を確保する方法を日々研究しているって聞く。JRはどうか。

どこかで聞いた話なので真偽は定かではないが、「安全を確保するために、長くしている」というのを聞いたことがある。でもさ、長くするから「どうせこねぇだろ」とか考えて踏み切りをくぐる人や、「ここで閉まるならいってしまえぇ!」と遮断機を折る車とかがいるんじゃないかなぁ。もちろん、それらの行為を肯定するわけではないが、気持ちはわかる。

逆転の発想ができないかな。本当に閉まったら、すぐに電車が来るようにしておけば、「遮断機が閉まったら絶対に行かない」と思うんだよね。もちろん、遮断機に閉じ込められてしまったときのことを考えて、安全対策は十分にして欲しいと思うが、できるだけ長く開けておいて欲しい。踏み切りで待った僕の時間、時間給払ってくれるわけじゃないでしょ、JRさん。

« せっかく64なのに | トップページ | 戦略の転換リスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6709223

この記事へのトラックバック一覧です: 踏み切り、開けてくれよ:

« せっかく64なのに | トップページ | 戦略の転換リスク »

最近のトラックバック