« 踏み切り、開けてくれよ | トップページ | 気になる製品2種類 »

2005/10/29

戦略の転換リスク

私が常任理事をさせていただいているNPO法人 TASKSでは、経営自体がリスクを包含しているものであると定義して、リスクマネジメントの必要性を説いています。

日経産業新聞の記事を読んで、ちょっと触発されましたので、戦略の転換リスクについて考えてみました。

記事では、楽天の話が出ています。

サイバースペースに「楽市」を作ることを目標にしてきた
という話は有名な話です。織田信長がやった「楽市楽座」の話です。その戦略に従った戦術として、旅の窓口や証券会社をM&Aで取得し、楽市を充実してきたことは理解できます。しかし、その後、戦略は変わります。
目指すは世界のインターネット企業
戦略が大きく広がったのです。規模の経済、ネットワークの外部性の効用の追求を求めたのでしょうか。この流れで球団を買収(設立)、一気に知名度をアップし、まさにインターネット企業の寵児となるべく走り始めたのでしょう。

そして、TBSとの株騒ぎ。また戦略が大きく転換したと言わざるを得ません。成功か失敗か、それは2~3年後、市場や世の中が決めるのでしょう。

UNIQLOも戦略の転換をしたようですね。今度の低価格帯のダイエーとの取り組みはどうでしょうか。当初の戦略に戻って、GAPとは違うことを見せるのでしょうか。こちらも注目です。


いずれにしても、戦略を転換するということは、これまでの戦略との整合性がない場合、土台が変わるわけですから大きな変化が伴います。ましてやオペレーショナルな部分である現場にも大きな影響が出ることが考えられます。
戦略を練って、そしてスピーディーに動くことは必要ですが、市場の要請のみにとらわれ、内部の状況、外部との連携などを考えないままに走るのは、大きなリスクが伴うことを認識して、戦略の転換をしなければなりません。ましてやそれが社員に伝わっていなかったら、最悪です。上に挙げた2社はどうでしょうか。期待して待ちましょう。

« 踏み切り、開けてくれよ | トップページ | 気になる製品2種類 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6714824

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略の転換リスク:

« 踏み切り、開けてくれよ | トップページ | 気になる製品2種類 »

最近のトラックバック