« 時折、Visorの調子が悪い | トップページ | 関係先がテレビに出ます »

2005/10/13

更新研修

昨日は、中小企業診断協会主催の更新研修(座学)に行ってきた。大変有意義な話が多く、大変助かった。有益な研修だった。と、毎年思う。しかし、隣は何をする人ぞ(正確には斜め前)。

「宅建?」

勉強中である。がんばってやってください。あなたのような方がコンサルの現場に出ないことを心から期待します。宅建で飯を食ってください。中小企業診断士という資格の価値を貶める前にぜひ失効してください。以下、自分の行動を棚に上げた過激な内容なので、ご理解いただけないこともあると思います。自分自身への自戒も込めて、書く内容なので、その点、ご承知おきくださればと思います。

宅建が悪いと言っているわけではありません。更新研修というのは、中小企業診断士と言う資格、レベルを維持するために受ける研修です。ですから、いい加減な気持ちで受けてはいけません。人によっては、「更新研修のテーマってさ、つまんないんだよね」とはき捨て、「だから、まじめに受ける必要性は全くない」という論理を展開します。本当にそうでしょうか。

更新研修は中小企業診断士の資格を管理している経済産業省中小企業庁が認定・委託した団体が行うものですから、この団体が選らんだテーマは資格のレベルを維持するために必要なものであると考えられます。それが資格取得者にとって、おもしろいか、つまらないかということは関係ないのです。それを受け、一定以上のレベルで受け入れ、資格のスキルセットの一部として組み入れなければならないのです。

もし、その研修がつまらないから聞く必要はないということであれば、診断士に必要な知識、スキル、技術を維持する必要はないということですから、その方にはぜひ診断士の資格を返上してもらいたいと思います。

よく、有名な診断士の方々に聞きます。「あの手の診断士がいるから、診断士全体が貶められる」と。先般の会計士の不祥事と同じです。1つの、たった1つの事例がその全てを代表するように思われるということです。残念なことです。

診断士を取得したその時を思い出して欲しいです。診断士を目指したときの気持ちを思い返して欲しいです。そして更新研修の意味も考え直して欲しいです。まあ、資格だけが欲しいから取ったということなら、コンサルティングの現場には出ないでもらえれば、それでも結構です。

最後に、私は中小企業診断協会に所属していますが、協会の全てが良いとは思っていません。ですから、いわゆる“回し者”ではないですが、診断士全体を貶める可能性のある行為についてはとても残念に思うので、更新研修について書いてみました。

« 時折、Visorの調子が悪い | トップページ | 関係先がテレビに出ます »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

確かに更新研修のときって内職(?)されている
方いますね。残念なことです。
でも診断士のことをよく知らずに「難しい試験
だからチャレンジしてみよう」とか「給料が
あがるから」という動機で受験し合格される方
がいるのも事実です。そしてもったいないから
更新する・・・そういう方はそもそも診断士と
しての意識が薄いと感じています。

更新研修はいつも楽しみにしています。テーマ
が自分と関わりが強いものならより深い考え方
ができますし、関わりが弱いものなら研修を通
じて効率的に知識を身につけることができます。
特にかけだしの私としては得るものが多いです(^^;

こんにちは!oratakiです。
内職する人いますよね。必ず見かけます。忙しそうにレジュメつくりや、他の試験勉強している人が。
そもそも、診断士に限らず、内職という行為自体に品がありません。出席さえしてればポイントがもらえるという考えの方は、やはり会場からも業界からも退場してほしいですね。

## 安田さん

コメント感謝です。もったいないから更新する→レベルが上がらない→いい加減なコンサルに繋がる→まじめにやっている人が影響を受ける→僕はまじめにやっているつもりなので影響を受ける→うちの家族が路頭に迷うと言う構図です。困ります。


## oratakiさん

コメント感謝です。確かに、関係ないことをやっていること自体(これを内職と呼ぶのはやめます)、品がないですね。

こんにちは。きっとこのような方は、研修費用は会社持ちなのでしょう。私も明日受講予定ですが、毎年「内職」をされている方を見るにつけ、「あぁ呑気なもんだなぁ」と思っちゃいます(毒)。子供を預けてそれなりの犠牲を払って参加する身としては、「この時間のモトを取らねば」と必死です。^^;

## mikiさん

コメント感謝です。全くもって、もとを取って欲しいです。というか、そういう意識を持っておられる方は確実に取れます。

 今年の理論研修で1回だけ個人情報保護の講師をしました。その経験から言うと、寝てる人や内職している人は結構判ります。話す立場から言うとこれは意外とつらいものがあります。
 しかしながら聞く立場に回ったときに、話の内容がつまらなければ、私だって寝てしまいます。一応寝ないように努力するんですけどねぇ。
 ただ、協会が準備する理論研究のテーマにも問題があるような気もします。そして講師の人選も。
 興味を引くような内容で、話し方がうまければ寝る人も減るでしょうし、内職している人も話を聞いてくれるのではないかと(そういう意味では私も全然ダメな講師なんですが)。
 まあ、受講者全員興味を持つような話ってのはあり得ないので、受講者のモラル次第というのが大きく影響するんでしょうけどね。
 根本的な解決策が見つからない、非常に難しい話ですね。

## 水谷さん

さすが、心の温かい方です。メッセージありがとうございました。興味の問題では僕はないと思っています。興味がなくても診断士の更新にはそれが必要なんだという気概が感じられないことを問題として考えています(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6377020

この記事へのトラックバック一覧です: 更新研修:

« 時折、Visorの調子が悪い | トップページ | 関係先がテレビに出ます »

最近のトラックバック