« マトリックスを見た | トップページ | 立山 純米大吟醸 雨晴 »

2005/10/17

富山の中心市街地は空洞化

富山の駅から10分ほど歩いたところに中心市街地(らしき)商店街がある。総曲輪という商店街はまだ良いが、その先の中央と呼ばれるところはかなりやばい。写真を少し撮らしてもらったが、かなり空いている店が多い。駅から離れているが、駐車場は周囲にかなりある。それでも、夕方の4~6時くらいに歩いたのだが、人が少なすぎる。

一番、驚いたのは、飲食店が全くといって良いほどないことである。かなりの長さ(600m以上はあると思う)がああるのだが、私が見ただけでは1店だけしかない。それも特徴のない定食屋である。そしてさらに、生鮮三品もない。その代わり、衣料品店(中年以上の方向けだけでなく、若年層向け)が多い。

結構、奥まったところにPaul Smithがあったり(それも周囲はほとんどシャッターが閉まっている)、UNTITLEDがあったりとおかしな感じである。ところどころ、工事中のところもあり、これからもう少し変わっていくのかもしれない。

しかし、あれだけ人がいないというのはどういうことだろうか。土日は人であふれるのだろうか。

« マトリックスを見た | トップページ | 立山 純米大吟醸 雨晴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6444970

この記事へのトラックバック一覧です: 富山の中心市街地は空洞化:

« マトリックスを見た | トップページ | 立山 純米大吟醸 雨晴 »

最近のトラックバック