« 論理がちょっと気になる | トップページ | セルフサービススタンド »

2005/10/16

無機EL

有機ELというのは良く聞くと思う。が、有機があるんだから、無機もある。クラレ茶谷産業という会社が、低電圧で駆動する発光材料を開発したようです。

新聞記事(日経産業)によると、これまでは高電圧でしかこの無機ELは発光しなかったようですが、3~10Vの直流電源で動くようにしたそうです。3Vというと、パソコンでいうとPCMCIAなんかでも使われる3.3Vに近いので、パソコンなんかにも応用できそうです。

有機ELに対するメリットは、輝度が桁違いに明るいこと、また耐久性が2倍以上となっていることのようだ。2008年3月に千億の売上を目指しているということだから、うまく行けば2007年には登場しそうだ。パソコンがより薄くなる日も近いかもしれないぞ。頼むぞ。

« 論理がちょっと気になる | トップページ | セルフサービススタンド »

製品・サービス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6425794

この記事へのトラックバック一覧です: 無機EL:

» クラレ、茶谷産業と,無機EL製品の共同開発に関する合弁会社を設立 [うぇブログ-tadashi's BLOG-磯谷商店IT事業部]
茶谷産業が発明した超高輝度無機EL発光材料の動きが活発ですね。価格が安ければ画期的です。日経産業新聞(2006/03/17)によればクラレの投資金額が、新規事業分野の投資が2000億円です。そのうち、無機ELがどのくらいの割合を占めているのかで、クラレの本気度が計れるでしょう。... [続きを読む]

« 論理がちょっと気になる | トップページ | セルフサービススタンド »

最近のトラックバック