« ワインはうんちくで腹いっぱい | トップページ | 今日でコンサル塾も終わり »

2005/09/16

花の香りのお酒と試飲会

花酵母というのが研究されているらしい。お酒に話題性がないと言われているので、こういう試みは本当にウェルカムではないかと思う。先般、ワインの話を書いたが、ワインはそのぶどうの酒類によってかなり趣が違うということなのであるが、日本酒は「米」が違うということで、趣ががらっと変わるということが感じにくいと思う。そういう意味で、この花酵母というのは、新しい試みである。

で、これが中小酒造会社の起死回生の一発となるか!が問題である。僕はちょっと時間がないのでいけない可能性が高いが、時間のある方はぜひ!と思う。

虎ノ門パストラルで試飲、商談会が行われるようだが、これがどのくらい盛り上がるかによって変わってくるのだろうと思う。これが盛り上がって、商談会も成功裏に終われば、一種の道筋つくりになると思う。

最後にまずい点がひとつ。この商談会、試飲会だが、商談会が先で(午後1時~4時半)、一般消費者の試飲会は午後6時からである。消費者の反応を見て商談というのは進むはずなので、試飲会を午後6時から始めること自体は問題ないものの、商談会をその前に設定しているのはどういうことかなと思ってしまう。確かにビジネスタイムではあるが。

仕入れ担当Sさん、試飲会行って見てくださいませ。そして、素人の私にも感想をお聞かせ下さい。って強制ではありません。

« ワインはうんちくで腹いっぱい | トップページ | 今日でコンサル塾も終わり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバックして頂いたのに、先ほど気がつきました。すみません・・。
さて、花酵母の試飲会は行こうかどうしようか迷っていたのですが、このコメントをみて行かなければ!と思いましたので、行ってきます。
実は最近、香りが高すぎるお酒の需要が減ってきているのと、花酵母というと日本酒好きの方はひいてしまわれる方が多いので、花酵母の酒はおかないようにしていました。(扱っている蔵元さんでも花酵母使用の酒はあるんです。)
では、くわしいことはまたご報告します。

## 仕入れ担当S様

コメント感謝です。確かに香りが高いお酒は需要が減っていると聞きます。ただ、ワインのように素人でも違いのわかりやすい日本酒は需要があるのではないかとも感じております(まあ、感触ですが)。では、ご報告、ウォッチしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/5966631

この記事へのトラックバック一覧です: 花の香りのお酒と試飲会:

« ワインはうんちくで腹いっぱい | トップページ | 今日でコンサル塾も終わり »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ