« ビックサイトへ行ってきた | トップページ | 花の香りのお酒と試飲会 »

2005/09/15

ワインはうんちくで腹いっぱい

さて、昨日はビックサイトに行ったあと、ある会合でワインの試飲会があった。正直なところ、説明者の方がすごいワイン好きで、そのうんちくがすごい!驚くべきだ。ワインが好きな人はみんなああなんだろうか。

そのうんちくはなるほどなぁと思うものもあったけど、だんだん聞き進むに連れて、「もうおなか一杯です。」という状態になり、しまいには「うまいワインを飲むためにはすごい知識がいるんだなぁ。僕にはワインは飲めないなぁ」と思ってしまう始末

卸売業の方なので、バイヤーに対してああいった説明をするのはとても大切だと思う。バイヤーに思いを持って買ってもらい、そして思いを持って消費者に売ってもらうというのはとても大切だからだ。そうしないとリピートにならないし、その会社が考えている売り方にも通じないからだ。そういう意味では本当に大切なことだ。

しかし、こと消費者に対してはどうだろうか。詳しい知識、納得できる知識というのはある意味、意味があるようにも思われるが、過剰なものはかえってうるさくなる危険性がある。実際、私はそうなってしまった。「うまければ、いいじゃないか」ということになってしまう。バランスが大切だ。過ぎたるはおよばざるが如しである。

« ビックサイトへ行ってきた | トップページ | 花の香りのお酒と試飲会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/5952029

この記事へのトラックバック一覧です: ワインはうんちくで腹いっぱい:

« ビックサイトへ行ってきた | トップページ | 花の香りのお酒と試飲会 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ