« 子供たちからの手紙 | トップページ | とんでもない酒 »

2005/09/10

採点マン

ちょっと仕事で、ある課題の採点をやっているのだが、数が多くてちょっと疲れ気味。ましてや2つが重なったもんだから、 机にかじりついてやっている。「数が多いので少し流してもいいですよ」と言われているのに、よせばいいのに一生懸命やってしまう。 これは性格か。でも採点したあと、添削内容を見直して見るともっと書きたい。。。時間は足りない。。。ジレンマである。

「情報提供業」としては、こうしたものも情報提供の一環だろうなと思う。

「背中を押す業」としては、やる気満々の回答には「それぇ!」と背中を押し、やる気のない回答には逆の方向へ「背中を押す」 (かえって、反発してがんばる人がいることを期待して)ような感じである。

ところで、中小企業診断士の1次試験、合格発表があったな。知り合いで合格した人というのがまだ報告がないのが残念。 不合格者は2名程いたのだが。。。

« 子供たちからの手紙 | トップページ | とんでもない酒 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。

眠い目をこすりこすり頑張っておられるのでしょうね。

上手に休んでください。

## こおたらさん

ありがとうございます。健康のための博士は、勤労博士、休息博士、快活博士だそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 子供たちからの手紙 | トップページ | とんでもない酒 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ