« 少しBlogをいじるか迷ってます | トップページ | プロジェクトマネジメントの現場 »

2005/09/25

システムのトレーサビリティねぇ

自分の研究会で、システムのトレーサビリティがあったらいいなぁという話が出た。その時は、まあ、そういうこともあるかもしれないなぁと思ったが、改めて考えてみると、システムが人につくというのは良くないような気もした。人がシステムにつくというのも良くないけど。。。

人間が作業できないものはシステムだってできないというのは私の持論でもあるが、システムに人がつくと言うのとはちょっと違うと思っている。それに、システムを開発した人にずっとシステムがついて回るというのは、やっぱり現実的ではないし、それなら会社組織のシステム会社にシステム開発を頼む意味もないといえばそうである。

ただ、一方で、その会社に頼むのではなく、その会社から派遣(いわゆる派遣労働ではない)されてきた人に頼むものだということもある。だから、その人が信頼できるかどうかと言う問題は別にある。この辺が難しいところではあるな。

開発を頼む時には、人を見ましょう。

« 少しBlogをいじるか迷ってます | トップページ | プロジェクトマネジメントの現場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

システムにもトレサビがあったらいいねぇ、と言った張本人です。
昨日はお疲れさまでした。
佐川さんの「システムに人がつくのはよくない」には賛成で、システムに限らず、普通の業務も人につくのは好ましくないです、サラリーマンの仕事もです、ハイ。
ただ生産者(社)・製造元が明確になるよ、というのは作る側の責任感も違うし、
もしそれが一般の人が扱うシステム(例えば合併すると止まる危険がある銀行のATMのシステムとか)もっと普通に使われているコンビニにある機械とか、
そういう目に触れて便利なものがあったら「あぁ、これを作った人に頼みたいなー」とか
「えー、これを作った人には頼みたくないなー」とか
次回のシステム開発への参考になりますよね~。
まぁ、大きなシステムでないと目立たないのは確かですが。

## okiさん

まさに「これを作った人に頼みたい」というのには使えますね。それを狙ったのが、セル生産方式と言われてます。モチベーションアップを狙ったものですね。

ただ、逆は誰でもいやなもの(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/6114452

この記事へのトラックバック一覧です: システムのトレーサビリティねぇ:

« 少しBlogをいじるか迷ってます | トップページ | プロジェクトマネジメントの現場 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ