« FireFoxプラグイン追加 | トップページ | Blogカンパニー? »

2005/08/02

二十四の瞳

久しぶりにこの手のテレビドラマを見た。

子供に見させたい番組だった。そういう意味では時間帯がまずい。遅くても19時からにしてくれないと。

この間、「戦争を知らない子供たちが増えている」(私もその一人なわけだが)というニュースがやっていた。まあ、そのニュースは、原爆等についての調査だったが、戦争そのものへの意識もきっと下がっているのではないかと思ったりした。

そういう意味では、今日のようなテレビドラマは子供たちに見せたい。経済至上主義のようなところがあるかもしれないが、それも平和というものの上に成り立つものなのかと思うと、やっぱり考えさせられてしまう。

« FireFoxプラグイン追加 | トップページ | Blogカンパニー? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。
私も見ました。(黒木瞳ファンなんですけどね)なんか瞳のゴロで配役決めたんじゃなかろうか。
でもって、筋書きはいいとして舞台セットや衣装が真新しくてちょっと興醒め。
お子さんには「ほたるの墓」なんかどうですか?

oratakiさん

衣装等は気にしませんでした。とにかくああいう状況というのが昔はあって、大変だったということを子供が理解できればと思います。

確かにほたるの墓とか、おもいでぽろぽろとかは見せるべきかもしれません。またアフリカなどの飢餓の状況なども理解させる必要があるかもしれません。

二十四の瞳は見ませんでしたが、毎年「ほたるの墓」を見て泣いています。
8月になると、改めて平和のありがたさをしみじみ感じます。何だかんだ言っても日本は平和です。
でも、極東情勢を考えると、「有事のとき」というのは案外すぐそこに迫っているのではないかという気もします。
戦争の悲惨さを学び、「戦争反対」と叫ぶだけでいいのだろうか、とふと思ったりもします。

miki_rengeさん

戦争をしないというのは、まず基本のような気がしています。ただ、おっしゃるとおり、叫ぶだけでいいのかというと、そうでもないようにも思います。最低限できることは、戦争をしない政府をきちんと選ぶことなのかなと思います。

ちなみに僕は無党派層です。

はじめまして、私も「二十四の瞳」に感動したひとりです。 (黒木さんの方は見ていませんが・・・)

 小豆島へはまだ行ったことがありません~いつか行ってみたい場所ですね~!

 
 私も拙いブログで「二十四の瞳」について記事にしました~よかったら遊びにいらして下さいね~ではまた!

## ルーシーさん コメント感謝です。難しい問題がそこにはありますよね。感動だけですむようなものでない背景が。困ったことです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/5286823

この記事へのトラックバック一覧です: 二十四の瞳:

» 火垂るの墓はだめです [Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)]
子供に見せて、戦争の悲惨さを伝えようと思いましたが、あの内容はよく考えたら、あん [続きを読む]

« FireFoxプラグイン追加 | トップページ | Blogカンパニー? »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ