« IT投資減税は延長されるか | トップページ | LLC/LLP »

2005/07/26

プライバシーマークに関する誤解

「プライバシーマークを取得しているレンタルサーバー業者に任せていれば安心だ」という声を聞きました。本当にそうでしょうか。

レンタルサーバー業者がプライバシーマークを取得していること自体は意味があります。サーバーを借りている顧客、つまりレンタルサーバー業者のお客様の個人情報は守られるからです。

ところが、一部でこれを拡大解釈している感があるようです。つまり、

「借りているレンタルサーバー内にある個人情報もレンタルサーバー業者が守ってくれる」

という誤解です。

レンタルサーバー業者はあくまでもサーバーを借りている人たちの個人情報を守る義務があるのであって、サーバー内に含まれている個人情報、つまりサーバーを借りている人たちが管理しなければならない個人情報については、基本的に預かり知らんということでよいわけです。

もちろん、契約でレンタルサーバー内にある個人情報をハードディスク内にあるデータとして、バックアップ等によって消失しないことを保証するなどの事柄はあるにしても、情報漏えい時には保証されないのが通例でしょう。サーバーから漏れたのか否かの証明も難しいでしょうしね。

レンタルサーバー内に個人情報や内部情報を保管している方々、気をつけてください。

« IT投資減税は延長されるか | トップページ | LLC/LLP »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/5158788

この記事へのトラックバック一覧です: プライバシーマークに関する誤解:

« IT投資減税は延長されるか | トップページ | LLC/LLP »

最近のトラックバック