« Apache+MySQL+PHP | トップページ | 第1回校正が完了 »

2005/06/10

システムは人が作るもの

これは以前から、ずっと考えているし、お客様のところでもいい続けていることですが、「システムは人が作るもの」です。そして、「人で構成されるもの」です。もちろん、コンピューターが必要な場合もあるわけですがね。

私は、お客様がシステム開発業者を選ぶ時には、「人を見るべきだ」とお話しています。信頼できる人間かどうかはもちろんですが、理論だけで押してこないような柔軟性があり、過去の縛りにとらわれずに対応を決定できるような人がアナリストやプロジェクトマネージャだと安心できます。もちろん、これはSEにもいえることです。

だから、システム開発業者を選ぶ時には、その会社の健全性や実績だけではなく、担当を予定しているメンバーも面接すべきだと主張しています。なかなかそういうことまでしないものですがね。それにやったとしてもリスクが全て回避できるわけでもありませんからね。

個人的にももう少し研究、考えてみる必要がありそうです。

« Apache+MySQL+PHP | トップページ | 第1回校正が完了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!oratakiです。

>お客様がシステム開発業者を選ぶ時には、「人を見るべきだ」

これは大いに納得できますね。でも、1年くらいのプロジェクトになると入れ替わりが多いのも事実。売れっ子芸者はフェードアウトもうまい。結局、メンバーチェンジを含めて選手層が厚いところがいいですね。多分わからないと思うので、以前そこを使った会社から様子を聞くなどできればいいですね。

oratakiさん
ご理解いただき、恐縮です。ご指摘の通り、以前そこを使った会社からの情報などももらっていたのですがね、それでもなお、リスクは低減できませんでした。リスクというのはマーフィーの法則ではないですが、起こるべくして起こるのかなぁ。

私もシステム開発の成否は人だと思います。それは受注側だけでなく、発注側にもにも言えることだと思います。
何をやりたいのかがはっきりしないと、いくら受注側がしっかりしていても、だめですもんね。でも本物の開発業者は何がやりたいのかも、うまく聞き出すかな。

それと、oratakiさんの売れっ子はフェイドアウトがうまいっていうのは興味深いですね。なるほど。。

gochiefsさん

おっしゃるとおりです。それを何とかしたいがために、私は努力しているというところでしょうか。本物の開発業者はWin-Winを目指すはずなので、聞き出すと思いますよ。というより、そうしない業者は本物ではない。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/4492075

この記事へのトラックバック一覧です: システムは人が作るもの:

« Apache+MySQL+PHP | トップページ | 第1回校正が完了 »

最近のトラックバック