« D-51と有近真澄 | トップページ | ASPモデルが復活 »

2005/04/03

XPエディションNって

ウィンドウズメディアプレイヤーを搭載しないウィンドウズの呼び方で欧州委員会とマイクロソフトがやり取りしているそう。しかし、どっちもどっちだ。

欧州委員会:ウィンドウズXPプロフェッショナルエディションN
マイクロソフト:ウィンドウズXPメディアプレーヤー非搭載

ネーミングが重要だということは良く分かる。「非搭載」と書かれると、消費者は同じ値段なら搭載されている方を買う。それを排除したいから欧州委員会はいろいろな決定を下しているわけだが、かといって、エディションNと言われてもなんだかよく分からない。どちらも消費者の方を向いていないのかもしれない。

« D-51と有近真澄 | トップページ | ASPモデルが復活 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« D-51と有近真澄 | トップページ | ASPモデルが復活 »

最近のトラックバック