« 戦場という修羅場と心の不適合 | トップページ | 講師に対する企業の考え方 »

2005/04/07

磁気テープの大容量化

かなり大きくなってきてますねぇ。2年前は、LTOもUltrium2が出たばかりでしたが、3になってます。圧縮で800GB。テラに迫る勢いです。またSuperDLTもIIというのが出てきて、圧縮で600GBだそう。ちなみに、LTOの方はUltrium6までのロードマップが出ているらしい。次の世代は非圧縮で800GBを目指すらしい。

それからもうひとつ。e文書法を狙って、WORM(write once read many)という製品が出てきているようだ。一度書いたら、書きなおせないというもの。これはe文書法対応には必要なものだろう。

« 戦場という修羅場と心の不適合 | トップページ | 講師に対する企業の考え方 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 WORMですか。なんか懐かしい用語ですね。まだ「CD-R」という言葉がなかった頃、追記型光ディスクを「WORMディスク」と呼んでいましたっけ。
 「電磁的文書保存」云々において、何をして書き換え不可能と認めるかという問題は、実は結構微妙だと私は見ているんですが、書き換えできない磁気テープというのは確かに面白い考え方ですね。

確かに何を持って書き換え不可能なのかというのは微妙ですねぇ。と言っても、最近、法律の方もそういう技術を認めるような傾向にもありますし、きちんとやっていれば、大丈夫なんじゃないですかね、法律上は。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/3603570

この記事へのトラックバック一覧です: 磁気テープの大容量化:

« 戦場という修羅場と心の不適合 | トップページ | 講師に対する企業の考え方 »

最近のトラックバック