« ASPモデルが復活 | トップページ | 戦場という修羅場と心の不適合 »

2005/04/05

国会図書館も変わったものだ

国会図書館の蔵書検索・申込システムは便利そうだ。なんといっても815万冊の蔵書があるんだから。

IDとパスワードを事前に取り、書籍を検索。費用は最低でも302円(A4を1枚)かかるらしいが、絶版になっている書籍などを探すのには良さそう。ちょっとでも高いかなぁ。利用者登録をするとコピーなどが申し込めるようだが、詳細はわかんない。

何せ、IDとパスワードは来館するか、郵送での申し込みのみなのだ。ネットでは事前取得できないようにウェブには書いてある。なにかの折に(って、いっているとそういう折はない)取ってみるか。

« ASPモデルが復活 | トップページ | 戦場という修羅場と心の不適合 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ASPモデルが復活 | トップページ | 戦場という修羅場と心の不適合 »

最近のトラックバック