« ケアマネージャにも資格更新 | トップページ | 日本中の博樹を探す »

2004/11/15

2007年問題

なんだか、何年か毎に「xxxx年問題」が出てきますねぇ。2000年のときは大変だったなぁ。個人的にも。

2007年以降の4年間で、188万人の労働力人口が減少するそうです。財務省の財務総合政策研究所は、2010年にはGDPが16兆円減るとしています。本当かなぁ。

確かにこうした労働者が定年などを迎えると、ものづくりの現場(これは製造業だけじゃなく、サービス業やIT産業など幅広く)は混乱するでしょうね。ベテランのノウハウが会社から失われていくことになりますから。

以前、ナレッジマネジメントが流行りましたが(今もやっているところがあると思うが)、今はいまいち? 日本の昔ながらの「俺の背中を見て覚えろ」「技を盗む」というのは、現代では流行らないとすれば、なんらかの対策が必要でしょうね。

« ケアマネージャにも資格更新 | トップページ | 日本中の博樹を探す »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/1966012

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年問題:

« ケアマネージャにも資格更新 | トップページ | 日本中の博樹を探す »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ