« 拝啓 DDIポケットさん、期待しています | トップページ | 相手を見た営業 »

2004/10/23

中小企業はいい人材が取れたか

中小企業金融公庫によると1991年~2001年、中小企業は雇用を拡大(マクロです)しているそうです。製品やサービスの高付加価値化で、「不況を克服した」中小企業が雇用の受け皿になったとみているようです。

特筆すべきは、製造業の労働生産性。10.7%増。高付加価値化が進んだというのはここからみているのでしょう。

しかし本当にいい人材が取れたのか? そしてそれは裾野まで広がっているのか? ミクロではどういったことになっているのか? 肌感覚で感じる必要がありそうです。

« 拝啓 DDIポケットさん、期待しています | トップページ | 相手を見た営業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/1750974

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業はいい人材が取れたか:

» 中小 企業 金融 公庫 [金融@金融]
中小企業金融公庫(ちゅうしょうきぎょうきんゆうこうこ)は、1953年(昭和28年)8月20日中小企業金融公庫法に基づいて設立された政策金融機関。設立以来より、中小企業者に対する事業用資金の長期融資を行ってきたが、平成16年7月以降、証券化支援業務、信用保険業務(中...... [続きを読む]

« 拝啓 DDIポケットさん、期待しています | トップページ | 相手を見た営業 »

最近のトラックバック