« CEATEC行ってきます | トップページ | e-文書法への対応 »

2004/10/06

札幌市の誘致

CEATECに行った。そして札幌市の人と会った。札幌市の市役所の人にあった。誘致だそうだ。北海道、一時、大変な不況だったようだが、あまり回復感がない様子だった。逆にいろいろな面で誘致に有利な状況になったところもある。

つまり、土地が安くなった→場所を借りるのも安くなったということです。そのため、コールセンターの誘致にはある程度成功しているようでしたが、これも中国などとの競争で厳しい状況に感じる。

「北海道である意味」がなければ、誘致は成功しないように思う。そこに何かがあるから、人は集まる。ITを誘致した実績もあるようだが、根付いているのか。あるIT企業の社長に以前聞いたことがある。札幌に支店を出したが、2年も経たないうちに引っ込めたと。なぜなら、札幌にいる意味がなかったからだそうだ。

確かに人材は採用できる可能性がある。でも仕事はない。東京や大阪の仕事を北海道でやったところで、大きな意味はない。確かにコストは安いかもしれないが、大きな削減になるわけではない。やはり北海道にある仕事を北海道でやるべきだ。

北海道特有の産業とITを結びつけたとき、誘致は成功するのではないだろうか。

« CEATEC行ってきます | トップページ | e-文書法への対応 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/1612576

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市の誘致:

» 千葉県の協議会 [Kaitsのスクラップ・ブロッグ(Scrap Blog)]
先日、札幌市のことを書いたが、今度は千葉県だ。東大とマイクロソフトが千葉県と連携 [続きを読む]

« CEATEC行ってきます | トップページ | e-文書法への対応 »

最近のトラックバック