« クレイグスリスト | トップページ | 量子コンピューターか »

2004/09/22

ナノカーボン

ナノカーボン。いわゆるナノテクノロジーでよく出てくるカーボンナノチューブとか、フラーレンといったものの総称です。

今は素材関係が主流の用途のようですが、いろいろなところに用途開発が進んでいるようです。日経産業新聞のコラムによると「本命は半導体素材」だそうです。

さて、最近、こういった技術ものも取り上げていますが、これは「自分が結構こういう未来ものが好きだから」という理由以外に、「診断士試験に出そうだから」という理由もあります。運営管理という科目では、こうした最新技術系の問題が時々出ますので、見ているというわけです。

電解放出方ディスプレイ(FED)というのがあるそうで、プラズマより消費電力が少なくて安く作れるようです。これもこのなのカーボンの利用法のひとつのようです。この先、どんな用途開発が進むことでしょうね。

« クレイグスリスト | トップページ | 量子コンピューターか »

技術・スキル・ノウハウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/1495468

この記事へのトラックバック一覧です: ナノカーボン:

« クレイグスリスト | トップページ | 量子コンピューターか »

最近のトラックバック