« ニートという人々 | トップページ | 今日は旧交を温める »

2004/09/20

ITサービスは堅調

とのことです。IDCジャパンさんの調べです。(いつも思うが、IDGジャパンと似ていて困る)

製造業を中心に投資が回復しているそうで、これが牽引して、コンサルティングやアウトソーシング、教育、ASPなどが市場を牽引していると見ているそうです。今後、3.9%の伸びを2008年まで予測しています。

さあ、どうでしょうか。当たるも八卦、当たらぬも八卦かな。ASPが伸びるということは、パッケージソフトウェアの市場は大して伸びないということになるんじゃないかと感じる(両方とも伸びる可能性もあるが)ので、全体として本当にそれだけ伸びるかが疑問。その辺はきちんとその調査レポートを買うと書いてあるのかな。

個人的には、ASPサービスは伸びて欲しい分野です。中小企業にも使いやすい価格設定がされているものもあるので、導入がしやすいからです。一方で、カスタマイズができないことや価格が安いが故の真剣身の不足なども懸念材料としてはあります。まあ、その辺をコンサルティングなどで意識改革していく必要があるのかもしれませんがね。

ひとつだけ気に入らないのは、IDCのプレスリリースを見るのに、無料とはいえ、ユーザーIDが必要なこと。プライバシーポリシーもなんだか怪しげ。個人的には絶対登録しないぞ。(とかいっていると必要になったりすることがあるんだよなぁ)

« ニートという人々 | トップページ | 今日は旧交を温める »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7323/1481315

この記事へのトラックバック一覧です: ITサービスは堅調:

« ニートという人々 | トップページ | 今日は旧交を温める »

最近のトラックバック